ビタミンK

「日本人の食事摂取基準」より、部分抜粋して掲載しています。

ビタミンKの食事摂取基準(μg/日)

男性
女性
年齢
目安量
目安量
1〜 2(歳)
25
25
3〜 5(歳)
30
30
6〜 7(歳)
40
40
8〜 9(歳)
45
45
10〜 11(歳)
55
55
12〜 14(歳)
70
65
15〜 17(歳)
80
60
18〜 29(歳)
75
60
30〜 49(歳)
75
65
50〜 69(歳)
75
65
70以上(歳)
75
65
妊婦(付加量)
+0
授乳婦 (付加量)
+0

ビタミンKとは

ビタミンKは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンの一種です。オランダ語の「凝固(Koagulation)」という言葉に由来しています。血液の凝固に関わり、出血を止める働きがあることから「止血のビタミン」とも呼ばれています。また、ビタミンKは、骨や歯に含まれるカルシウムの流出も防ぎ、結果として骨を丈夫にする働きも持っています。ビタミンKが不足すると、けがや内出血の際に血液凝固に時間がかかったり、鼻血が出やすくなることがあります。また骨に十分なカルシウムが取り込まれなくなるため、骨がもろくなってしまします。一方、ビタミンKは油溶性ビタミンのひとつですが、通常の食生活では過剰症の報告はされていません。

ビタミンKが多い食べ物

ビタミンKを多く含んでいる食べ物には、以下のものがあります。

・納豆
・ほうれん草
・明日葉
・つるむらさき
・おかひじき
・パセリ
・しそ
・モロヘイヤ
・ケール
・しその実
・よもぎ

このページの先頭へ