ビオチン

「日本人の食事摂取基準」より、部分抜粋して掲載しています。

ビオチンの食事摂取基準(μg/日)

男性
女性
年齢
目安量
目安量
1〜 2(歳)
20
20
3〜 5(歳)
25
25
6〜 7(歳)
30
30
8〜 9(歳)
35
35
10〜 11(歳)
40
40
12〜 14(歳)
50
50
15〜 17(歳)
50
50
18〜 29(歳)
50
50
30〜 49(歳)
50
50
50〜 69(歳)
50
50
70以上(歳)
50
50
妊婦(付加量)
+2
授乳婦 (付加量)
+5

ビオチンとは

ビオチン(biotin)は水に溶けやすい水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB7とも呼ばれています。ビオチンはエネルギーの代謝を助け、皮膚や粘膜の健康維持に役立つなど、人間が健康に過ごすためには欠かせない栄養素です。ビオチンが不足すると湿疹などの皮膚炎、結膜炎、舌炎、知覚過敏や脱毛、白髪の増加を起こすことがあります。そのほか無気力、疲労感、憂うつ、蒼白、吐き気、運動失調、筋肉痛、けいれん、緊張低下などが見られます。一方、過剰に摂取しても体内で必要な分しか利用されず、残りは尿などと一緒に体外に排出されるので、過剰症の心配はありません。

ビオチンが多い食べ物

ビオチンを多く含んでいる食べ物には、以下のものがあります。

・イワシ
・とうもろこし
・ピーナッツ
・きな粉
・レバー
・かつお節
・あさり
・あおのり(素干)
・焼きのり
・糸引き納豆
・大豆(ゆで)
・豆味噌
・卵黄

このページの先頭へ